一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

iPhoneImage.png

ドーナツみたいなこの形。髪につけた時のくしゅくしゅ感。
シュシュっていう名前も女の子らしくって、とにかく全部が可愛いアイテム。

初心者さんでも簡単に作れる作り方をご紹介します。
材料は生地とゴムだけです↓
iPhoneImage.png

 ・生地:8×50cm(縫い代込み) …1枚
 ・太めのゴム:15cm …1本         に、カットしてご用意下さい。

iPhoneImage.png
*ゴムは太めがおすすめ。使い心地が全然変わります。

iPhoneImage.png
道具は写真左から手縫い糸、縫い針、安全ピン、糸切りばさみ、指ぬき。これだけです。

*指ぬきはなくてもOK。手縫いの時に中指にはめて使うと縫うのが楽になります。
*安全ピンは、ゴムを通すのに使います。専用の道具をお持ちの方はそちらをお使い下さい。

<作り方>
iPhoneImage.png
1.生地を半分に折ります。


2.2枚合わせて端から0,2〜0,3cmくらいのところを縫います。
→輪っか状になります。

iPhoneImage.png
3.生地をひっくり返し、縫い代を爪で軽くなぞるように押さえます(爪アイロン)

iPhoneImage.png
こうなればOK。


4.端から0,7〜0,8cmくらいの幅で縫います(袋縫い)
[POINT] 縫い代を袋縫いにすると、ゴムを通す時、安全ピン(糸通し)が縫い代にひっかからないのでスムーズにゴムが通せます。

iPhoneImage.png
5.輪っかになった生地を横向きに置き、写真のように上の一枚を折って…

iPhoneImage.png
下側からも折って細くします(三つ折り)

iPhoneImage.png
そしたら生地をまとめて持って…

iPhoneImage.png
三つ折りした部分も一緒に半分に折ったら…

iPhoneImage.png
こう持ちます。


6.1cm幅でちくちくと縫っていきます。

iPhoneImage.png
三つ折りした中の部分を縫わないように。

iPhoneImage.png
縫うところがなくなってきたら…

iPhoneImage.png
中の三つ折りしたところをひっぱり出す。

iPhoneImage.png
すると、また縫う部分が出てきます。

iPhoneImage.png
そうして返し口(5cmくらい)を残してぐるっと縫ったところ。


iPhoneImage.png
7.返し口から中の生地をひっぱり出します。

iPhoneImage.png
全部ひっぱり出したところ。表面が外側になりました。

iPhoneImage.png
8.安全ピンまたは糸通しを使ってゴムを通して結びます。
ゴムが短めなので、最後の端っこまで生地の中に入っちゃわないように気を付けて下さい。


9.返し口をまつってふさげば出来上がり。

iPhoneImage.png
完成です。慣れればテレビを観ながらでも20分くらいでできちゃいます。

<生地サイズについて>
 いろんなシュシュをぜひ愛娘に!と思い、試作を重ねました。
 そして決定した我が家の子供サイズがもとになっています。

 なので、シュシュを使うお子様の髪質や髪の量に応じて
 サイズは臨機応変に変更したりアレンジしてみて下さいね。

 まずは基本サイズで作ってみて、そこからサイズ調整をすると調節しやすいです。

  • -
  • 10:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment